Yesod   型クラス

ホーム   目次


Stack のインストール

macOS


$ curl -sSL https://get.haskellstack.org/ | sh
    

Windows

下記サイトよりインストーラーをダウンロード

Get Started with Haskell Windows

Linux


$ wget -qO- https://get.haskellstack.org/ | sh
    

詳しくは下記サイトを参照

Get started with Haskell

プロジェクトの作成

よりシンプルにするために、プロジェクトを手動で作ります。


$ mkdir yesod-web
$ cd yesod-web
$ mkdir src
    

サンプル 1

「yesod-web」プロジェクト内に、次の内容の「yesod-web.cabal」というファイルを 作ります。


name:                yesod-web
version:             0.1.0.0
category:            Web
build-type:          Simple
cabal-version:       >=1.10

executable yesod-web
  main-is:            Main.hs
  build-depends:      base >=4.10 && <4.11
                    , yesod
                    , time
  hs-source-dirs:     src
  default-language:   Haskell2010
    

「yesod-web」プロジェクト内の「src」ディレクトリ内に、 次の内容の「Main.hs」というファイルを作ります。


{-# LANGUAGE OverloadedStrings     #-}
{-# LANGUAGE QuasiQuotes           #-}
{-# LANGUAGE TemplateHaskell       #-}
{-# LANGUAGE TypeFamilies          #-}
import           Yesod
import Data.Time (getCurrentTime)

data App = App

mkYesod "App" [parseRoutes|
/ HomeR GET
|]

instance Yesod App where
    defaultLayout contents = do
        PageContent title headTags bodyTags <- widgetToPageContent contents
        mmsg <- getMessage
        withUrlRenderer [hamlet|
            $doctype 5

            <html>
                <head>
                    <title>#{title}
                    ^{headTags}
                <body>
                    $maybe msg <- mmsg
                        <div #message>#{msg}
                    ^{bodyTags}
        |]

getHomeR :: Handler Html
getHomeR = do
    now <- liftIO getCurrentTime
    setMessage $ toHtml $ "You previously visited at: " ++ show now
    defaultLayout [whamlet|

Try refreshing|] main :: IO () main = warp 3000 App

ビルドと実行

ビルド


$ stack init
$ stack build
    

初回のビルドは「Yesod」の開発環境と実行環境をインストールするため、 非常に時間がかかります。2回目からのビルドはすぐに終わります。 「stack init」は、初回の1回だけで構いません。

なお、「Yesod」のオフィシャルページでは、「Yesod コマンド」 をインストールしなければならないことになっていますが、 インストールしなくても問題なくビルドできます。 もしビルドできない場合は次のようにして、 「yesod コマンド」をインストールしてください。


$ stack install yesod-bin
    

インストールには、すごく時間がかかります。

実行


$ stack exec yesod-web
    

ブラウザを起動して「https://localhost:3000/」 へアクセスすると現在の時刻が表示されます。

ブラウザを更新すると時刻の表示も現在の時刻に更新されます。


6359 visits
Posted: Feb. 25, 2019
Update: Feb. 25, 2019

ホーム   目次   ページトップ