Yesod   ルーティング

ホーム   目次


Stack のインストール

macOS


$ curl -sSL https://get.haskellstack.org/ | sh
    

Windows

下記サイトよりインストーラーをダウンロード

Get Started with Haskell Windows

Linux


$ wget -qO- https://get.haskellstack.org/ | sh
    

詳しくは下記サイトを参照

Get started with Haskell

プロジェクトの作成

よりシンプルにするために、プロジェクトを手動で作ります。


$ mkdir yesod-web
$ cd yesod-web
$ mkdir src
    

サンプル 1

「yesod-web」プロジェクト内に、次の内容の「yesod-web.cabal」というファイルを 作ります。


name:                yesod-web
version:             0.1.0.0
category:            Web
build-type:          Simple
cabal-version:       >=1.10

executable yesod-web
  main-is:            Main.hs
  build-depends:      base >=4.10 && <4.11
                    , yesod
                    , text
  hs-source-dirs:     src
  default-language:   Haskell2010
    

「yesod-web」プロジェクト内の「src」ディレクトリ内に、 次の内容の「Main.hs」というファイルを作ります。


{-# LANGUAGE OverloadedStrings #-}
{-# LANGUAGE QuasiQuotes       #-}
{-# LANGUAGE TemplateHaskell   #-}
{-# LANGUAGE TypeFamilies      #-}
{-# LANGUAGE ViewPatterns      #-}
import           Data.Text (Text)
import qualified Data.Text as T
import           Yesod

data App = App
instance Yesod App

mkYesod "App" [parseRoutes|
/person/#Text PersonR GET
/year/#Integer/month/#Text/day/#Int DateR
/wiki/*Texts WikiR GET
|]

getPersonR :: Text -> Handler Html
getPersonR name = defaultLayout [whamlet|<h1>Hello #{name}!|]

handleDateR :: Integer -> Text -> Int -> Handler Text -- text/plain
handleDateR year month day =
    return $
        T.concat [month, " ", T.pack $ show day, ", ", T.pack $ show year]

getWikiR :: [Text] -> Handler Text
getWikiR = return . T.unwords

main :: IO ()
main = warp 3000 App
    

ビルドと実行

ビルド


$ stack init
$ stack build
    

初回のビルドは「Yesod」の開発環境と実行環境をインストールするため、 非常に時間がかかります。2回目からのビルドはすぐに終わります。 「stack init」は、初回の1回だけで構いません。

なお、「Yesod」のオフィシャルページでは、「Yesod コマンド」 をインストールしなければならないことになっていますが、 インストールしなくても問題なくビルドできます。 もしビルドできない場合は次のようにして、 「yesod コマンド」をインストールしてください。


$ stack install yesod-bin
    

インストールには、すごく時間がかかります。

実行


$ stack exec yesod-web
    

ブラウザを起動して「https://localhost:3000/」 へアクセスすると次のように表示されます。

https://localhost:3000/abcdefg」 という具合にアクセスすると次のように表示されます。

サンプル 2

yesod-web.cabal


name:                yesod-web
version:             0.1.0.0
category:            Web
build-type:          Simple
cabal-version:       >=1.10

executable yesod-web
  main-is:            Main.hs
  build-depends:      base >=4.10 && <4.11
                    , yesod
  hs-source-dirs:     src
  default-language:   Haskell2010
    

Main.hs


{-# LANGUAGE OverloadedStrings #-}
{-# LANGUAGE QuasiQuotes       #-}
{-# LANGUAGE TemplateHaskell   #-}
{-# LANGUAGE TypeFamilies      #-}
import           Control.Exception (IOException, try)
import           Control.Monad     (when)
import           Yesod

data App = App
instance Yesod App where
    -- This function controls which messages are logged
    shouldLogIO App src level = return $
        True -- good for development
        -- level == LevelWarn || level == LevelError -- good for production

mkYesod "App" [parseRoutes|
/ HomeR GET
|]

getHomeR :: Handler Html
getHomeR = do
    $logDebug "Trying to read data file"
    edata <- liftIO $ try $ readFile "datafile.txt"
    case edata :: Either IOException String of
        Left e -> do
            $logError $ "Could not read datafile.txt"
            defaultLayout [whamlet|An error occurred|]
        Right str -> do
            $logInfo "Reading of data file succeeded"
            let ls = lines str
            when (length ls < 5) $ $logWarn "Less than 5 lines of data"
            defaultLayout
                [whamlet|
                    <ol>
                        $forall l <- ls
                            <li>#{l}
                |]

main :: IO ()
main = warp 3000 App
    

ビルドと実行

ビルド


$ stack init
$ stack build
    

初回のビルドは「Yesod」の開発環境と実行環境をインストールするため、 非常に時間がかかります。2回目からのビルドはすぐに終わります。 「stack init」は、初回の1回だけで構いません。

なお、「Yesod」のオフィシャルページでは、「Yesod コマンド」 をインストールしなければならないことになっていますが、 インストールしなくても問題なくビルドできます。 もしビルドできない場合は次のようにして、 「yesod コマンド」をインストールしてください。


$ stack install yesod-bin
    

インストールには、すごく時間がかかります。

実行


$ stack exec yesod-web
    

ブラウザを起動して「https://localhost:3000/」 へアクセスすると次のように表示されます。

https://localhost:3000/abcdefg」 という具合にアクセスすると次のように表示されます。

サンプル 3

yesod-web.cabal


name:                yesod-web
version:             0.1.0.0
category:            Web
build-type:          Simple
cabal-version:       >=1.10

executable yesod-web
  main-is:            Main.hs
  build-depends:      base >=4.10 && <4.11
                    , yesod
                    , text
  hs-source-dirs:     src
  default-language:   Haskell2010
    

Main.hs


{-# LANGUAGE OverloadedStrings #-}
{-# LANGUAGE QuasiQuotes       #-}
{-# LANGUAGE TemplateHaskell   #-}
{-# LANGUAGE TypeFamilies      #-}
import           Data.Text        (Text)
import           Yesod

data App = App

mkYesod "App" [parseRoutes|
/      HomeR  GET
/link1 Link1R GET
/link2 Link2R GET
/link3 Link3R GET
/link4 Link4R GET
|]

instance Yesod App where

getHomeR :: Handler Html
getHomeR = defaultLayout $ do
    setTitle "Redirects"
    [whamlet|
        <p>
            <a href=@{Link1R}>Click to start the redirect chain!
    |]

getLink1R, getLink2R, getLink3R :: Handler ()
getLink1R = redirect Link2R -- /link2
getLink2R = redirect (Link3R, [("foo", "bar")]) -- /link3?foo=bar
getLink3R = redirect $ Link4R :#: ("baz" :: Text) -- /link4#baz

getLink4R :: Handler Html
getLink4R = defaultLayout
    [whamlet|
        <p>You made it!
    |]

main :: IO ()
main = warp 3000 App
    

ビルドと実行


$ stack build
$ stack exec yesod-web
    

ブラウザを起動して「https://localhost:3000/」 へアクセスすると次のように表示されます。

「Click to start the redirect chain!」 をクリックすると次のように表示されます。


6358 visits
Posted: Feb. 25, 2019
Update: Feb. 25, 2019

ホーム   目次   ページトップ