Winforms GUI プログラミング / はじめに

ホーム
目次


Winformsとは

Winformsは、マイクロソフトが提供する、.NET Frameworkのための GUI フレームワークです

この章では、Linuxで、Winforms GUI アプリケーションを、手書きするための開発環境を、インストールする方法を紹介しています。

Windowsでの環境構築は Windowsでの環境構築をご覧ください。

Linuxへのインストール

Winforms GUI プログラミングで、使えるプログラミング言語は、Visual BasicとC#です。Linuxでは、これらの2つを別々にインストールします。

vbncのインストール

Visual Basicでプログラミングするには、vbncをインストールします。まずターミナルに次のように入力して、まだインストールされていないか確認します。

vbnc --version

バージョンが表示されなければ、vbncはまだインストールされていません。次のように入力してvbncをインストールしてください。

sudo apt install mono-vbnc
もしくは
sudo apt-get install mono-vbnc

インストールが終わりましたら、もう一度バージョン確認してください。次のようにバージョン表示がされましたら、無事にインストールされています。

Visual Basic.Net Compiler version 0.0.0.5943 (Mono 4.0.1 - tarball)
Copyright (C) 2004-2010 Rolf Bjarne Kvinge. All rights reserved.

vbncの実行

次のコードを「quitbutton.vb」という名前で保存してください。

quitbutton.hs


Imports System.Windows.Forms
Imports System.Drawing

Public Class WinVBApp
    Inherits Form

    Public Sub New
        Me.Text = "Quit button"
	Me.Size = New Size(250, 200)
	Me.InitUI
	Me.CenterToScreen
    End Sub

    Private Sub InitUI
        Dim button As New Button
	button.Location = New Point(30, 20)
	button.Text = "Quit"
	button.Parent = Me
	AddHandler button.Click, AddressOf Me.OnClicked
	Me.CenterToScreen
    End Sub

    Private Sub OnClicked(ByVal sender As Object, _
        ByVal e As EventArgs)
	Me.Close
    End Sub

    Public Shared Sub Main
        Application.Run(New WinVBApp)
    End Sub

End Class
    

ターミナルで「quitbutton.vb」を保存したディレクトリに移動して、次のようにコンパイルします。

vbnc quitbutton.vb

「quitbutton.exe」というファイルが出来上がります、実行するには次のように入力します。

mono quitbutton.exe

ファイルに実行権限を与えて実行する場合は次のようにします。

chmod +x quitbutton.exe
./quitbutton.exe

Visual Basic Winfomrs のサンプル

次のサイトは英語ですが、ひととおり揃っています。Google 翻訳を使って、原文と翻訳文を見比べてコーディングすると良いでしょう。ソースコードも翻訳されてしまうので、原文も必要です。

Visual Basic Winforms tutorial

mcsのインストール

C#でプログラミングするには、mcsをインストールします。まずターミナルに次のように入力して、まだインストールされていないか確認します。

mcs --version

バージョンが表示されなければ、mcsはまだインストールされていません。次のように入力してmcsをインストールしてください。

sudo apt install mono-mcs
もしくは
sudo apt-get install mono-mcs

インストールが終わりましたら、もう一度バージョン確認してください。次のようにバージョン表示がされましたら、無事にインストールされています。

Mono C# compiler version 4.2.1.0

mcsの実行

次のコードを「button.cs」という名前で保存してください。

button.cs


using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

class MForm : Form {
    public MForm() {
        Text = "Button";
	Size = new Size(250, 200);

	Button button = new Button();

	button.Location = new Point(30, 20);
	button.Text = "Quit";
	button.Click += new EventHandler(OnClick);
	button.MouseEnter += new EventHandler(OnEnter);

	Controls.Add(button);
	CenterToScreen();
    }

    void OnClick(object sender, EventArgs e) {
        Close();
    }

    void OnEnter(object sender, EventArgs e) {
        Console.WriteLine("Button Entered");
    }
}

class MApplication {
    public static void Main() {
        Application.Run(new MForm());
    }
}
    

ターミナルで「button.cs」を保存したディレクトリに移動して、次のようにコンパイルします。

mcs -r:System.Windows.Forms.dll -r:System.Drawing.dll button.cs

「button.exe」というファイルが出来上がります、実行するには次のように入力します。

mono quitbutton.exe
もしくは
./button.exe

mcsの場合は、コンパイルされた段階で自動で実行権限が与えられるみたいです。

C# Winfomrs のサンプル

次のサイトは英語ですが、ひととおり揃っています。Google 翻訳を使って、原文と翻訳文を見比べてコーディングすると良いでしょう。ソースコードも翻訳されてしまうので、原文も必要です。

C# Winforms Mono tutorial

Windowsでの環境構築

Windowsでの環境構築をご覧ください。


1515 visits
Posted: Dec. 30, 2018
Update: Dec. 30, 2018

ホーム   目次   ページトップ