Winforms GUI プログラミング / Windowsでの環境構築

ホーム
目次


この章では、Windowsで、Winforms GUI アプリケーションを、手書きで開発するための環境を、構築する方法を紹介しています。

Windowsでの環境構築

Winforms GUI プログラミングを、手書きでする場合は、Visual Studioをインストールする必要はありません。Winformsアプリケーションは、Visual Basicか、C#で記述しますが、それぞれのコンパイラは、ほとんどの場合、Windowsに初めから用意されています。

コンパイラの確認

32bit Windowsの場合は、コマンドプロンプトを開いて次のように入力してください。

C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\csc

64bit Windowsの場合は、コマンドプロンプトを開いて次のように入力してください。

C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\csc

コンパイラが存在した場合は次のように表示されます。

Microsoft (R) Visual C# 2010 Compiler version 4.0.30319.1
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
fatal error CS2008: 入力が指定されていません。

ここで確認したコンパイラはcsc (C#コンパイラ)ですが、cscが存在する場合は、vbc (Viaual Basicコンパイラ)も存在しています。

コンパイラが存在しない場合は次のように表示されます

'csc' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

もし、コンバイラが存在しなかった場合は、Microsoftより.NET Framework 4.0以上をダウンロードします。次のリンクから「.NET Framework 4.7.2」をダウンロードしてインストールしてください。

Download .NET Framework 4.7.2

パスの設定

コンパイルをするたびに、コンパイラをフルパスで指定するのは面倒です。そこでパスを設定します。パスを設定する前にパスが設定されているかどうか確認します。コマンドラインに次のように入力してください。

csc

パスが設定されている場合は、先ほどと同じように、バージョン表示がされます。パスが設定されていない場合は、次のように表示されます。

'csc' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

上記のように表示された場合は、次のようにしてパスを設定します。

  1. コントロールパネルを開く
  2. 「システムとセキュリティ」→「システム」と進む
  3. 「システムの詳細設定」をクリック
  4. 「環境変数」をクリック
  5. 「環境変数」ダイアログが表示されましたら、「システム環境変数」から「Path」を選択して「編集」をクリックします
    (この画面はWindowsのバージョンによって違います)
  6. 「システム変数の編集」ダイアログが表示されましたら、「変数値」に次のパスを追加します。
    (この画面はWindowsのバージョンによって違います)
    • 32bit Windowsの場合は、C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319;
    • 64bit Windowsの場合は、C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319;
    慣れていない場合は、変数値の最初に追加して、セミコロン「;」をつけてください。
  7. 編集が終わりましたら、「OK」→「OK」→「OK」でダイアログを閉じてください。

コマンドプロンプトを一度閉じてから再度開いて、再度「csc」コマンドを入力してください。

Microsoft (R) Visual C# 2010 Compiler version 4.0.30319.1
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.
fatal error CS2008: 入力が指定されていません。

上記のようにバージョンが表示されましたら、パスは無事に設定されています。

vbcの実行

次のコードを「quitbutton.vb」という名前で保存してください。

quitbutton.hs


Imports System.Windows.Forms
Imports System.Drawing

Public Class WinVBApp
    Inherits Form

    Public Sub New
        Me.Text = "Quit button"
	Me.Size = New Size(250, 200)
	Me.InitUI
	Me.CenterToScreen
    End Sub

    Private Sub InitUI
        Dim button As New Button
	button.Location = New Point(30, 20)
	button.Text = "Quit"
	button.Parent = Me
	AddHandler button.Click, AddressOf Me.OnClicked
	Me.CenterToScreen
    End Sub

    Private Sub OnClicked(ByVal sender As Object, _
        ByVal e As EventArgs)
	Me.Close
    End Sub

    Public Shared Sub Main
        Application.Run(New WinVBApp)
    End Sub

End Class
    

コマンドプロンプトで「quitbutton.vb」を保存したディレクトリに移動して、次のようにコンパイルします。

vbc /target:winexe quitbutton.vb

「quitbutton.exe」というファイルが出来上がります、実行するには、コマンドプロンプトに次のように入力するか、「quitbutton.exe」ファイルをダブルクリックします。

quitbutton

「/target:winexe」オプションをつけずにコンパイルした場合、ダブルクリックで実行した時に、コマンドプロンプトも同時に開いてしまいます。

Visual Basic Winfomrs のサンプル

次のサイトは英語ですが、ひととおり揃っています。Google 翻訳を使って、原文と翻訳文を見比べてコーディングすると良いでしょう。ソースコードも翻訳されてしまうので、原文も必要です。

Visual Basic Winforms tutorial

cscの実行

次のコードを「button.cs」という名前で保存してください。

button.cs


using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

class MForm : Form {
    public MForm() {
        Text = "Button";
	Size = new Size(250, 200);

	Button button = new Button();

	button.Location = new Point(30, 20);
	button.Text = "Quit";
	button.Click += new EventHandler(OnClick);
	button.MouseEnter += new EventHandler(OnEnter);

	Controls.Add(button);
	CenterToScreen();
    }

    void OnClick(object sender, EventArgs e) {
        Close();
    }

    void OnEnter(object sender, EventArgs e) {
        Console.WriteLine("Button Entered");
    }
}

class MApplication {
    public static void Main() {
        Application.Run(new MForm());
    }
}
    

ターミナルで「button.cs」を保存したディレクトリに移動して、次のようにコンパイルします。

csc /target:winexe button.cs

「button.exe」というファイルが出来上がります、実行するにはコマンドプロンプトに、次のように入力するか、「button.exe」をダブルクリックしてください。

button

/target:winexe」オプションをつけずにコンパイルした場合、ダブルクリックで実行した時に、コマンドプロンプトも同時に開いてしまいます。

C# Winfomrs のサンプル

次のサイトは英語ですが、ひととおり揃っています。Google 翻訳を使って、原文と翻訳文を見比べてコーディングすると良いでしょう。ソースコードも翻訳されてしまうので、原文も必要です。

C# Winforms Mono tutorial


2592 visits
Posted: Dec. 30, 2018
Update: Dec. 30, 2018

ホーム   目次   ページトップ