Sinatra   データベース

ホーム


データベース

Webアプリケーションにおいて、「サーバーサイドアプリケーション」と呼ばれる アプリケーションは、データベースに接続して初めて意味があるものになります。 データベースと接続すると、複数のユーザーの間でデータを共有することができます。 この章では、データベースとして「SQLite」を使っています。そして、 データベースとアプリケーションを接続する仕組みとして「ActiveRecord」 を使っています。

データの作成

任意の名前の作業用ディレクトリに、任意の名前のデータベースを作ります。 ここでは「myapp」ディレクトリに、「bbs.db」というデータベースを作ります。

myapp ディレクトリに次の内容の「seeds.sql」というファイルを作ります。

seeds.sql


drop table if exists comments;
create table comments (
  id integer primary key,
  body text
);

insert into comments (body) values ('一昨日は Ruby on Rails を勉強しました。');
insert into comments (body) values ('昨日は CentOS 7.6 Full をインストールしました。');
insert into comments (body) values ('今日は Sinatra を勉強しています。');
    

seeds.sql から bbs.db を作ります。


$ sqlite3 bbs.db < seeds.sql
    

myapp ディレクトリに bbs.db データベースが作られました。次のようにすると 内容を確認できます。


$ sqlite3 bbs.db
SQLite version 3.16.0 2016-11-04 19:09:39
Enter ".help" for usage hints.
sqlite> select * from comments;
1|一昨日は Ruby on Rails を勉強しました。
2|昨日は CentOS 7.6 Full をインストールしました。
3|今日は Sinatra を勉強しています。
    

sqlite から出るには「.quit」と入力してエンターキーを押します。


sqlite> .quit
    

コーディング

データベースを作ったディレクトリに、任意の名前の Ruby ファイルを作ります。 ここでは「myapp」ディレクトリに、次の内容の「app.rb」というファイル を作っています。

myapp/app.rb


require 'sinatra'
require 'sinatra/reloader'
require 'active_record'

ActiveRecord::Base.establish_connection(
  adapter: 'sqlite3',
  database: './bbs.db'
)

class Comment < ActiveRecord::Base
  validates :body, presence: true
end

get '/' do
  @title = "掲示板"
  @comments = Comment.all
  erb :index
end

post '/create' do
  Comment.create(body: params[:body])
  redirect to('/')
end

post '/destroy' do
  Comment.find(params[:id]).destroy
end
    

「index」の内容は、myapp ディレクトリの中に「views」ディレクトリを作り、 その中の「index.erb」というファイルに記述します。

myapp/views/index.erb


<h1>掲示板</h1>
<ol>
  <% @comments.each do |comment| %>
  <li data-id="<%= comment.id %>">
    <%= Rack::Utils.escape_html(comment.body) %>
    <span class="delete">[x]</span>
  </li>
  <% end %>
</ol>
<form action="/create" method="post">
  <input type="text" name="body">
  <input type="submit" value="コメントを追加する">
</form>
    

index.erb には、html の全ては記述していません。共通して使われる html ファイルのヒナ形は、同じ views ディレクトリの中の「layout.erb」という ファイルに記述します。

myapp/views/layout.erb


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <title><%= @title %></title>
  <link rel="stylesheet" href="css/styles.css">
</head>
<body>
  <div class="container">
    <%= yield %>
</div>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.2.1/jquery.min.js">
</script>
<script src="js/main.js"></script>
</body>
</html>
    

css ファイルは myapp ディレクトリの中に「public」ディレクトリを作り、その 中に「css」ディレクトリを作り、その中に css ファイルを作ります。

myapp/public/css/styles.css


body {
  font-size: 14px;
  font-family: Verdana, sans-serif;
}

.container {
  width: 400px;
  margin: 20px auto;
}

h1 {
  text-align: center;
  font-size: 18px;
  border-bottom: 1px solid lightgrey;
  padding-bottom: 10px;
}

ol > li {
  margin-bottom: 5px;
}

input[type="text"] {
  width: 200px;
  padding: 3px;
}

.delete {
  font-size: 12px;
  cursor: pointer;
  color: blue;
}
    

js ファイルは myapp ディレクトリの中の public ディレクトリの中に「js」 ディレクトリを作り、その中に js ファイルを作ります。

myapp/public/js/main.js


$(function() {
  $('.delete').on('click', function() {
    var li = $(this).parent();
    if (!confirm('本当に削除しますか?')) {
      return;
    }
    $.post('/destroy', {
      id: li.data('id')
    }, function() {
      li.fadeOut(800);
    });
  });
});
    

実行

実行するには、ターミナルで myapp ディレクトリに移動して、「ruby app.rb」 と入力してエンターキーを押します。


$ ruby app.rb
== Sinatra (v2.0.5) has taken the stage on 4567 for development with backup from Puma
Puma starting in single mode...
* Version 3.12.0 (ruby 2.6.1-p33), codename: Llamas in Pajamas
* Min threads: 0, max threads: 16
* Environment: development
* Listening on tcp://localhost:4567
Use Ctrl-C to stop
    

ブラウザを起動して「localhost:4567」にアクセスしてください。

コメントを入力して「コメントを追加する」ボタンをクリックすると、コメントが 追加されます。

[x] をクリックすると、確認ウィンドウが表示されます。

「OK」をクリックすると、コメントが削除されます。 「キャンセル」をクリックすると、コメントは削除されません。

終了

終了するには、「Control」キーを押しながら「c」を押します。


^C- Gracefully stopping, waiting for requests to finish
=== puma shutdown: 2019-03-09 20:48:09 +0900 ===
- Goodbye!
== Sinatra has ended his set (crowd applauds)
    


3935 visits
Posted: Mar. 10, 2019
Update: Mar. 10, 2019

ホーム ページトップ